メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元市議らによる保険金詐欺 交通事故偽装の実動部隊は後援会代表ら 福岡・行橋

西本国治被告らが2018年6月に追突事故を偽装したとされる現場付近=福岡県行橋市西泉で、中里顕撮影

 議員バッジの重みは、事件を思いとどまらせる歯止めにならなかったのだろうか。福岡県行橋市で、仲間同士で繰り返し交通事故を偽装し保険金をだまし取ったとして、男女計25人が相次いで逮捕・書類送検された。事件を主導したのは逮捕後に辞職した元行橋市議とみられており、グループには後援会のメンバーも複数含まれていた。

 「信頼して応援したのに裏切られた。偽装も1回だけじゃないようだし、『まさか』という思いだ」。2016年4月の市議選で初当選した時から西本国治(くにはる)被告(41)=詐欺罪で公判中=を支援してきた同市の高齢男性が残念がった。

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 座して死なないために我々ができること 3Dプリンターで人工呼吸器の代替器

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです