メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消防士が風俗店の送迎 兼業で懲戒処分 鹿児島・霧島

赤色灯を回す消防車

[PR]

 鹿児島県の霧島市消防局が、勤務時間外に無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)の送迎係として働き、地方公務員法が禁止する兼業をしたとして、40代の男性消防士を懲戒処分としていたことが判明した。処分は13日付。「知人に頼まれた」と事実関係を認めているという。

 市消防局によると、消防士は県内のデリヘルに女性従業員の送迎係として2016年に計8~10日間、17年に計2日勤務した。女性を客との待ち合わせ場所に送って連れて帰ってくる1回の往復につき1000円程度の報酬を受け取ったとしている。

 今年1月、外部から情報が寄せられ発覚した。市消防局は、職務外の行為による懲戒処分は免職と停職以外公表しない市の指針に従って処分を公表していなかった。懲戒処分の詳細についても指針を理由に明らかにしていない。【林壮一郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです