メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母校をたずねる

水戸一高 野球部の日々、経営に生かす JFEホールディングス社長・柿木厚司さん

野球部の日々を振り返る柿木厚司・JFEホールディングス社長=東京都千代田区で2020年1月15日、根岸基弘撮影

 彩り豊かな人材を各界に輩出し続ける茨城県立水戸第一高校。経済界で存在感を示す卒業生の一人が、JFEホールディングス社長の柿木厚司さん(66)=1971年度卒=です。世界的な鉄鋼・造船メーカーのトップとして経営のかじ取りを任されている柿木さんが「人生の支柱を築いた」と話すのが、高校時代に野球部で汗を流した日々です。厳しい条件の中で、仲間とチーム作りにはげんだ経験が、製鉄会社同士の大合併を乗り切る際にも生かされたと振り返ります。【太田圭介】

 生まれは水戸市の隣の勝田市(現・ひたちなか市)で、茨城大教育学部付属中から一高に進みました。野球を中学から始めて最初は遊撃手。高校でも続けるか迷っていたとき、市川崑監督が夏の甲子園を目指す球児たちをテーマに制作した映画を見ました。冒頭でいきなり、野球部の大先輩で「学生野球の父」と呼ばれる飛田穂洲先生の校内にある胸像が映ります。そばで必死に練習する部員たち。「やっぱり野球をやろう」。そう決心しまし…

この記事は有料記事です。

残り2641文字(全文3062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです