メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村哲さんの事業継続確認 ペシャワール会が福岡で会見「皆の気持ちまとまる」

ニューデリーでの協議の場で、プレゼントされた帽子をかぶり、スタッフらと語り合う村上優会長(左)=ペシャワール会・PMS提供

 2019年12月、アフガニスタンで銃撃されて亡くなった医師の中村哲さん(73)が現地代表を務めていたNGO「ペシャワール会」が15日、福岡市中央区春吉の事務局で記者会見を開いた。村上優会長は、用水路事業など中村さんが生前、進めていた計画を今後も継続していくことを現地スタッフらと確認し、アフガニスタンの診療所を中村さんの名前を冠した名称に変更したことを明らかにした。

 村上優会長ら日本人スタッフとアフガニスタンの現地スタッフがインドのニューデリーで11日から3日間、協議した。現地スタッフ側からの提案を受け、1991年にアフガニスタン東部のダラエヌールに開設した診療所の名前を「ドクター・サーブ・ナカムラ・メモリアル・ダラエヌール・クリニック」に変更することを決めた。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 新型コロナ休校でお子さんは疲れていませんか? 親が子供にやってはいけないこと

  3. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  4. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです