J2京都、サポーターがナチス親衛隊連想させる旗 セ大阪戦で 厳重注意し謝罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した「サンガスタジアム by KYOCERA」=京都府亀岡市で2020年1月11日午前10時1分、久保玲撮影
完成した「サンガスタジアム by KYOCERA」=京都府亀岡市で2020年1月11日午前10時1分、久保玲撮影

 サッカーJ2・京都は15日、「サンガスタジアム by KYOCERA」(京都府立京都スタジアム)のこけら落としとして9日にあったセ大阪とのプレシーズンマッチで、京都側ゴール裏自由席の男性サポーターがナチス・ドイツの親衛隊のマークを連想させるデザインの応援旗を掲げていたと発表した。クラブは男性を厳重注意とし、「深くおわびする。改めて禁止掲出物の周知徹底を行い、内容確認を強化す…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

注目の特集