厚労相「これまでと状況異なる」感染経路確認困難 16日に専門家会議 新型肺炎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
外来診察が停止され、ひっそりとする済生会有田病院=和歌山県湯浅町で2020年2月15日午後5時41分、猪飼健史撮影
外来診察が停止され、ひっそりとする済生会有田病院=和歌山県湯浅町で2020年2月15日午後5時41分、猪飼健史撮影

 新型コロナウイルスによる感染症を巡り、加藤勝信厚生労働相は15日の記者会見で「これまでと状況が異なる」と述べ、国内での感染拡大の可能性を示した。感染経路が確認できていないケースが国内で複数発生している。政府は16日夕に専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所所長)を開き、発熱など症状のある国民が「帰国者・接触者相談センター」に相談し、医療機関を受診する目安を同日にも公表する。

 和歌山県によると、「済生会有田病院」(同県湯浅町)に勤務する50代の男性外科医と、50代の妻、この病院の60代の男性入院患者の3人の感染が新たに確認された。3人は県内在住の日本人で、軽症という。同病院での感染確認は計5人。仁坂吉伸知事は15日の記者会見で「院内感染の疑いが強い」との認識を示した。国内で院内感染が濃厚となったのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1343文字)

あわせて読みたい

注目の特集