メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eプロ野球、人気上昇中 試合の動画視聴は100万人を記録 NPBの収益も増

巨人とロッテが対戦したeBASEBALLのe日本シリーズ。会場では多くのファンが対戦を見守った。試合の様子はインターネットでも視聴できる=東京都内で2020年1月25日午後4時6分、中村有花撮影

 「eBASEBALL プロリーグ」(eプロ野球)の人気が高まっている。eプロ野球は日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する野球ゲームソフト「実況パワフルプロ野球」を使用したeスポーツの大会だ。1月25日に2年目となる2019年シーズンが幕を閉じたが、試合を観戦できる動画サイトは前年を上回る視聴回数を稼いだ。選手に贈られる報酬も1200万円から3000万円にアップ。1年目を超える成功を収めた裏には、どんな仕掛けがあったのか。

 19年シーズンのeプロ野球は、12球団から選ばれた各チーム4人が秋から原則、週末ごとにeペナントレースを戦った。それぞれのチームに実際に所属する現役選手、「レジェンドOB」の選手のデータを使って対戦。巨人とロッテが勝ち上がったe日本シリーズは、3試合制で2連勝した巨人が初の日本一に輝いた。優勝した選手への報酬はチーム全員の総額が1400万円で、1人あたり350万円を手にした。巨人の球団職員でもあ…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです