メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪聖火リレーリハーサル 石原さとみさんらが笑顔で走る

[PR]

聖火リレーのリハーサルを行う石原さとみさん=東京都羽村市で2020年2月15日午前11時4分、梅村直承撮影

 東京五輪の聖火リレーのリハーサルが15日、東京都内で行われた。火はともさなかったが、本番と同じ桜をモチーフにしたトーチを手にしたランナー役が想定されているルートの一部を走った。大会組織委員会、東京都、警視庁などが運営や交通規制、沿道警備などについて本番さながらに確認した。

 午前中は羽村市スポーツセンターから同市役所までの4区間で行われた。同センターで出発式を行った後、組織委の職員らがランナー役を務め、「たすき」がモチーフの本番ユニホームを身にまとって1区間約200メートルずつ走った。聖火リレー公式アンバサダー(広報大使)で、被爆者との交流から本番では長崎県を走る女優の石原さとみさん(33)も多くの市民が沿道に駆けつける中、笑顔で走った。午後には国分寺市と八王子市でも行われる。

 東京五輪の聖火リレーは3月26日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)をスタートする。計121日間で全47都道府県を巡り、7月24日に開会式会場の国立競技場(東京都新宿区)で聖火台に点火される。ランナーの総数は約1万人に上る予定。【村上正】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです