メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しんかん

こねこのビスケット/琉球という国があった/湊町の寅吉

[PR]

てい

 ☆こねこのビスケット(野中柊のなかひいらぎさく網中あみなかいづる・/ポプラしゃ/1540えん

 むぎいろをしたこねこのビスケットは、なつまれました。まどべにおかれたスノードームをて、きらきらしたゆき興味きょうみちます。季節きせつはめぐり、ふんわりとしたしろいものがそらからちてきました。ビスケットはうれしくなり、ゆきのつもるなかはしまわりました。やがてはるおとずれ……。こねこの成長せいちょううつくしい四季しきをえがいた絵本えほんです。

ちゅう

 ☆琉球りゅうきゅうというくにがあった(上里隆史うえざとたかしぶん富山義則とみやまよしのり写真しゃしんいちノ(の)関圭せきけい福音館書店ふくいんかんしょてん/1430えん

 いまから140ねんほどまえまで、沖縄県おきなわけん日本にっぽんとはべつくにでした。1429ねん中山ちゅうざんおう統一とういつし、琉球王国りゅうきゅうおうこく誕生たんじょうしました。琉球王国りゅうきゅうおうこく東南とうなんアジアの国々くにぐに中国ちゅうごくさかんに貿易ぼうえきおこない、とてもさかえていました。なかでも中国ちゅうごくみん)は琉球王国りゅうきゅうおうこく特別とくべつにあつかいました。なぜ、ちいさな島国しまぐに優遇ゆうぐうされたのでしょうか。琉球王国りゅうきゅうおうこく歴史れきしる1さつです。

こう

 ☆みなとまち寅吉とらきち藤村ふじむら沙希さきさく/Minoru・学研がっけんプラス/1540えん

 とき江戸時代えどじだい越後えちごいま新潟県にいがたけん)のみなとまちは、荷物にもつんだふね商人しょうにんでにぎわっています。寅吉とらきちは、やってくるふねとのぎをあつかう廻船かいせん問屋どんや息子むすこおとうと文助ぶんすけといたずらをしてあそ日々ひびおくっています。しかし、ふね座礁ざしょうしてしまい、質屋しちやきん兵衛べえからおかねりるために、まつりで文助ぶんすけども芝居しばいにいどむことになりました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです