メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 新型肺炎、国内初の死者

新型コロナウイルスへの感染が確認された男性医師が勤務している済生会有田病院

[PR]

和歌山わかやま医師いし感染かんせん

 厚生労働省こうせいろうどうしょうは13にち新型しんがたコロナウイルスに感染かんせんした神奈川県かながわけんの80だい女性じょせい死亡しぼうしたと発表はっぴょうしました。感染者かんせんしゃ死亡しぼう国内こくないはじめてです。また、中国ちゅうごくからの帰国者きこくしゃではない病院びょういん医師いし感染かんせん和歌山県わかやまけんつかるなど、どこから感染かんせんしたかがわからないケースがてきています。

 死亡しぼうした女性じょせいは1がつ22にちからからだがだるくなり、28にち医療機関いりょうきかん受診じゅしん。2がつついたち肺炎はいえん診断しんだんされて入院にゅういんしました。13にちくなったあと感染かんせん確認かくにんされたそうです。女性じょせい親族しんぞく東京都とうきょうとの70だい男性だんせいタクシー運転手うんてんしゅと、べつ千葉県ちばけんの20だい男性だんせい会社員かいしゃいん感染かんせん確認かくにんされました。

 和歌山県湯浅町わかやまけんゆあさちょうでは「済生会有田病院さいせいかいありだびょういん」の50だい男性だんせい外科医げかい感染かんせん病院びょういん患者かんじゃで、県内けんないむ70だい農業のうぎょう男性だんせい感染かんせん確認かくにんされました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです