メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

今季カゼミーロ不在時はわずか一勝のレアル、レンヌの17歳MFカマヴィンガに注目

情報提供:サッカーキング

レンヌでプレーする17歳のフランス人MFエドゥアルド・カマヴィンガ [写真]=Getty Images
 レアル・マドリードはレンヌに所属するフランス人MFエドゥアルド・カマヴィンガに興味を示しているようだ。14日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 レアルは今シーズン、ブラジル代表MFカゼミーロが出場していない試合では、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)ベスト16でのレアル・サラゴサ戦の1試合のみとなっている。カゼミーロ抜きで臨んだリーグ戦はバレンシア戦、アスレティック・ビルバオ戦共にドロー。国王杯準々決勝ではレアル・ソシエダに敗れて大会から姿を消した。

 レアルのジネディーヌ・ジダン監督もカゼミーロの重要性を理解しているという。そんな中、これまでレアルがウルグアイ人MFフェデリコ・バルベルデやブラジル人FWヴィニシウス、同FWロドリゴ、ノルウェー人MFマルティン・ウーデゴーアなど、多くの将来有望な若手を獲得してきた敏腕ディレクターが次に目をつけているのがフランスのレンヌに所属する17歳のMFカマヴィンガだという。

 カマヴィンガは今季リーグ戦22試合に出場し、チームの主力として活躍している。同選手に対してはヨーロッパの様々なクラブが契約を望んでいて、レアルが獲得するのは簡単ではないという。同選手の現行契約は2022年までとなっていて、レアルは5000~6000万ユーロ(約59~71億円)で完全移籍させるための交渉を開始するタイミングを待っている。

【関連記事】
●ヘタフェの元バルサ選手が古巣にチクリ「彼らには忍耐力がない」
●前線補強が急務のバルサ、レバンテFWに関心も…ネックは高額な契約解除金か
●レアル、“人気銘柄”L・マルティネス獲得に関心も…鍵を握るのはヨヴィッチ?
●PSG、エンバペに新契約を提示へ…年俸はC・ロナウド&メッシ並みに?
●レアル、19歳のFWキーン獲得に関心?…ベンゼマの後継者に

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  3. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです