メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ドルトムント、ハーランド弾含む4発でフランクフルト撃破…長谷部と鎌田は出場せず

情報提供:サッカーキング

フランクフルトに4発大勝したドルトムント [写真]=Getty Images
 ブンデスリーガ第22節が14日に行われ、ドルトムントとフランクフルトが対戦した。フランクフルトに所属するMF長谷部誠とMF鎌田大地はベンチ入りを果たしたが、出番は回ってこなかった。

 ホームのドルトムントは33分、ボックス右のアクラフ・ハキミがウカシュ・ピシュチェクにバックパスを出すと、ピシュチェクはペナルティーアーク内から左足を振り抜く。ボールはゴール右下に流れ込み、ドルトムントが先制に成功した。

 後半に入るとドルトムントは50分、ジェイドン・サンチョがドリブルでボックス左まで運び、最後は相手DFをかわしてGKとの1対1に。サンチョのシュートはゴールネットを揺らし、ドルトムントが追加点を奪った。

 4分後の54分には、ハキミがボックス右でサンチョのスルーパスに反応。ハキミはグラウンダー性のクロスをゴール前に供給すると、アーリング・ハーランドが押し込みゴール。ドルトムントが3点リードとした。

 さらにドルトムントは74分、ラファエル・ゲレイロが高い位置でパスカットに成功すると、そのまま左足を振り抜く。このシュートはゴール右下に決まり、ドルトムントが4点目を獲得した。

 このまま試合は終了して、ドルトムントが4-0でフランクフルトに勝利。この結果、ドルトムントは勝ち点「42」で暫定2位に浮上し、フランクフルトは勝ち点「28」で暫定9位に位置している。

【スコア】
ドルトムント 4-0 フランクフルト

【得点者】
33分 1-0 ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)
50分 2-0 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
54分 3-0 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
74分 4-0 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)

【関連記事】
●ランパード監督、来季から加入決定のツィエクに期待大「素晴らしい選手」
●今季カゼミーロ不在時はわずか一勝のレアル、レンヌの17歳MFカマヴィンガに注目
●クロップ、サラーのオリンピックOA枠について「もっと情報が必要」
●ツィエク獲得のチェルシー、サンチョ争奪戦から撤退か…マンUに朗報?
●「オーレは大事な人だけど…」 ハーランド、マンUに移籍しなかった理由を語る

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです