メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
サッカーキング

今後2年間CL出場不可のマンC、選手大量流出の可能性も「監督が去ったならば…」

情報提供:サッカーキング

UEFAからの処分が決定したマンチェスター・C [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Cが今後2シーズンUEFA主催大会への出場禁止が決まったことを受け、イギリスメディア『BBC』は今後起こり得る可能性を示唆した。

 マンチェスター・Cは2012年から2016年にかけてスポンサー収入を水増ししていたことでファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に違反し、UEFAからの処分が決定。マンチェスター・Cは2020-2021シーズンと2021-2022シーズンにおいて、チャンピオンズリーグ(CL)などのUEFA主催大会への出場禁止が決定し、さらに3000万ユーロ(約35億7000万円)の罰金が命じられた。

『BBC』は「間違いなく今季イングランドサッカー界で最大の出来事」として、今後起こり得る様々な可能性を示唆した。

 同メディアはマンチェスター・Cの懸念事項として、「UEFA主催大会への出場禁止処分が明けるまでに契約が満了する選手が、他クラブに移籍する可能性」を挙げた。アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとドイツ代表FWレロイ・サネは2021年に契約満了になり、イングランド代表DFジョン・ストーンズとアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディは2022年までとなっている。

 また、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネやブラジル代表GKエデルソン、ポルトガル代表MFベルナウド・シルヴァ、イングランド代表FWラヒーム・スターリングらは2022年以降まで契約があるという。

 しかし『BBC』は、マンチェスター・Cとジョゼップ・グアルディオラ監督の契約は2021年までとなっていることを受け、「グアルディオラ監督がクラブを去った場合、多くの選手も後を追うようにクラブを去っていくことは容易に想像できる」としている。

 また、マンチェスター・Cが今季プレミアリーグ4位以内で終えた場合、今季プレミアリーグ5位のクラブがCL出場権を得る可能性も示唆。プレミアリーグ第25節終了時点で5位のシェフィールド・ユナイテッドと14位のクリスタル・パレスの勝ち点差はわずか「9」となっていることを受け、『BBC』は「正式には決まっていないが、もし5位のクラブがCL出場権を得られるならば、魅力的なリーグ戦となる」とした。

【関連記事】
●レアルFWヴィニシウス、今季わずか3得点も気にせず「僕はまだたったの19歳だ」
●マンC、今後2シーズンCLなどUEFA主催大会への参加禁止が決定…FFP違反が原因に
●ペップ監督が自身への評価に言及「自分が最高だと思ったことは一度もない」
●「CLで優勝したい」…ペップ監督、CLレアル戦で敗退なら『解任』の可能性も…?
●スターリング、CLレアル戦には間に合う見込み…今月上旬に左脚を負傷

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです