連載

北海道ダークツーリズム紀行

戦争や災害、差別など悲しみの記憶を持つ土地を巡り、現地で近現代社会について考える旅「ダークツーリズム」が全国的に知られつつある。戦争体験者が高齢化するなど直接の証言者が減る中、記録や遺構など、もの言わぬ痕跡からどうすれば教訓を得ることができるのか。

連載一覧

北海道ダークツーリズム紀行

開拓編/上 囚人道路と集治監 「合理性」の裏に無念の死 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
深い雪に埋もれた囚人墓地にある墓標=北海道月形町で
深い雪に埋もれた囚人墓地にある墓標=北海道月形町で

監獄費、工賃削減 「国策」の犠牲に

 戦争や災害、差別など悲しみの記憶が残る土地を巡り、現地で近現代社会について考える旅「ダークツーリズム」。急速に開発が進んだ北海道では、近代化の最前線で矛盾や犠牲が凝縮した形で表面化した。第2部となる「開拓編」は、151年前に設置された北海道開拓使の歩みを今に伝える史跡を巡った。【山下智恵】

 真っすぐな道路がどこまでも続き、目を凝らしても先が見えない。美唄市から奈井江町、砂川市、滝川市と4市町を南北に貫く一本道。「直線道路日本一」と書かれた大きな標識が、道路脇のところどころに立つ。その距離29・2キロ。車で約40分の道のりは、観光客の人気も高い。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文1965文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集