メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道ダークツーリズム紀行

開拓編/上 囚人道路と集治監 「合理性」の裏に無念の死 /北海道

深い雪に埋もれた囚人墓地にある墓標=北海道月形町で

監獄費、工賃削減 「国策」の犠牲に

 戦争や災害、差別など悲しみの記憶が残る土地を巡り、現地で近現代社会について考える旅「ダークツーリズム」。急速に開発が進んだ北海道では、近代化の最前線で矛盾や犠牲が凝縮した形で表面化した。第2部となる「開拓編」は、151年前に設置された北海道開拓使の歩みを今に伝える史跡を巡った。【山下智恵】

 真っすぐな道路がどこまでも続き、目を凝らしても先が見えない。美唄市から奈井江町、砂川市、滝川市と4市町を南北に貫く一本道。「直線道路日本一」と書かれた大きな標識が、道路脇のところどころに立つ。その距離29・2キロ。車で約40分の道のりは、観光客の人気も高い。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文1965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです