連載

埼玉コレがスゴい

毎日新聞デジタルの「埼玉コレがスゴい」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

埼玉コレがスゴい

「トトロのふるさと基金」活動30周年 狭山丘陵 貴重な森、次世代に /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トトロの森1号地に向かう雑木林の入り口=埼玉県所沢市で
トトロの森1号地に向かう雑木林の入り口=埼玉県所沢市で

51カ所、9万5598平方メートル保全

 所沢市と入間市、東京都にまたがる「狭山丘陵」(東西約11キロ、南北約4キロ、約3000ヘクタール)の貴重な自然を守ろうとナショナル・トラスト運動を続ける「トトロのふるさと基金」の活動が30周年を迎えた。これまで9億5200万円余の寄付金を集め、買い取って保全した「トトロの森」は51カ所、計9万5598平方メートル。現在は公益財団法人となった同基金の荻野豊専務理事は「次世代、さらにその次の世代に良い自然を残していきたい」と決意を新たにしている。【松下英志】

 2月のある日、所沢市上山口の「トトロの森1号地」を訪ねた。西武線・西武球場前駅から幹線道路の歩道を北東に向かい、路地に入ってさらに北上すると、民家の向こうに雑木林が見える。右手にある「15号地」と「3号地」の看板を通り過ぎ、1号地に続く雑木林の入り口にたどり着いた。駅からここまで約20分、意外と遠くない上、民家にほど近い。

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1538文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集