消費者トラブル、外国人に研修会 松阪 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県内に住む外国人に消費者トラブルから身を守る方法を学んでもらう県の研修会が15日、松阪市子ども支援研究センター(同市川井町)で開かれた。フィリピンとベトナムから来日した計14人が参加し、熱心に耳を傾けた。

 県によると、県内に住む外国人は約5万人。近年は定住・永住化が進み、消費者トラブルに巻き込まれる人も増えているため…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集