メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介助犬との「信頼」語る 寝屋川の小学校で木村さん授業 /大阪

車椅子に寄り添うデイジーを見てもらいながら、子どもたちに介助犬について話す木村佳友さん=寝屋川市の香里ヌヴェール学院小で、山本真也撮影

 介助犬デイジー(ラブラドルレトリバー、7歳)と暮らす車椅子の障がい者、木村佳友さん(59)=兵庫県宝塚市=が13日、寝屋川市の香里ヌヴェール学院小学校で、3年生85人に授業を行った。

 木村さんは日本介助犬使用者の会会長で、初代の介助犬シンシア(2006年死去)との国会訪問などの活動は、盲導犬、介助犬、聴導犬を認めた身体障害者補助犬法制定(2002年)の原動力となった。

 木村さんは介助犬が約70の言葉を理解し、落としたものを拾ったりして、自立した生活を支えてくれていることを説明。一方で、そうした「仕事」は、介助犬にとっては遊びの延長で、訓練はほめることで信頼関係を築いていくことを話した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  4. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです