メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 クルーズ客帰国、米が航空機派遣

 横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(乗客乗員3711人)で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、米政府は15日、在日大使館を通じ、米国人の乗客乗員を退避させるためチャーター機を派遣すると発表した。日米外交筋によると、16日夕に2機が羽田空港に到着する。乗客らはバスで横浜港から空港に移動し、早ければ17日未明に米国へ出発する見通し。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、対象は米国人とその家族約380人で、症状がある人は搭乗できない。乗客らは西部カリフォルニア州の空軍基地に直行し、一部は南部テキサス州の空軍基地に移送され、14日間隔離される。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです