メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎、増える「経路不明」 厚労相「異なる状況に」 きょう専門家会議

 新型コロナウイルスによる感染症を巡り、加藤勝信厚生労働相は15日の記者会見で「これまでと状況が異なる」と述べ、国内での感染拡大の可能性を示した。政府は16日夕に専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所所長)を開き、発熱など症状のある国民が「帰国者・接触者相談センター」に相談し、医療機関を受診する目安を同日にも公表する。【阿部亮介、矢澤秀範、黒川晋史、木村綾、太田敦子】

 和歌山県によると、「済生会有田病院」(同県湯浅町)に勤務する50代の男性外科医と、50代の妻、この病院の60代の男性入院患者の3人の感染が新たに確認された。3人は県内在住の日本人で、軽症という。同病院での感染確認は計5人。仁坂吉伸知事は15日の記者会見で「院内感染の疑いが強い」との認識を示した。国内で院内感染が濃厚となったのは初めて。

 新たに感染が判明した外科医は4日に発熱などの症状が表れたが、その後も出勤。10日に肺炎と診断された。最初に感染が分かった同僚の50代外科医は、2月3~5日は通常通り勤務。県は外科医同士で感染があったとみている。県によると感染した5人は、直近では中国・武漢への渡航歴がなかったという。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです