メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

フジッコ 心意気、富士山のように

 神戸市に本社を置く食品メーカー「フジッコ」。創業者の山岸八郎氏(1930~2014年)が、別の食品会社で取り扱った経験のある昆布で商売をしようと思い立ち、神戸市内に自宅兼工場を構えたのは1960年のことだった。高さが日本一の富士山のように業界の頂点を目指そうと、社名を「富士昆布」とした。

 最初に商品化したとろろ昆布は当時、大きな箱に入れて出荷し、小売店の店頭で店員が量り売りするのが一般的な販売方法だった。だが山岸氏は、小さな袋に小分けする個包装を導入。商品を手に取り…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです