メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米・ラスベガス 家電IT見本市「CES」  欧米・中国、進む断絶 個人情報保護、二つの選択肢

「CES」に出展した中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の子会社の展示ブース。トランプ米政権による輸出禁止措置の影響か、来場者は多くなかった=米ラスベガスで1月7日

 米西部ネバダ州ラスベガスで毎年1月に開かれる世界最大級の家電IT見本市「CES」。2020年のCESは、世界の企業やベンチャーが高速大容量の次世代通信規格「5G」を活用した製品やサービスを披露する一方、技術覇権やプライバシーを巡る米中摩擦が影を落としていた。

 「20年代は中国と西側諸国の経済的なデカップリング(分離)が進むかもしれない」。CESを取材してまず驚いたのが、主催団体・全米民生技術協会のゲーリー・シャピロ最高経営責任者(CEO)の開幕に向けたこのコメントだ。

 昨年の開幕イベントでは「テクノロジーに国境はない」とトランプ米政権による中国製品排除の動きを痛烈に批判したシャピロ氏のひょう変は、アメリカのIT業界の認識が大きく変化していることを印象付けた。

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです