メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

芳賀正彦さん=毎日地球未来賞を受賞したNPO法人の理事長

 「うつむくな」「立ち上がれ」。たき火がそう励ましてくれたように映った。2011年3月11日、東日本大震災による津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町の沿岸部・吉里吉里(きりきり)地区。失意のどん底に突き落とされて眠れぬ夜だった。

 避難所だった小学校校庭の片隅で、がれきから集めた廃材が燃やされていた。びしょぬれの被災者が暖を取るたき火。向き合うと心が落ち着いた。見えない何かの力が働いて生かされたと受け止め、「残された命を誰かのために。もう被災者と思うまい」と誓った。

 仲間たちと廃材から薪(まき)を作った。薪を割る一瞬だけ、つらさは吹き飛んだ。「復活の薪」と名付けて販売した。海水をかぶって枯れる運命の木を伐採した。やがて間伐材を切り出して森林を再生する「復活の森プロジェクト」として定着した。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです