メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー トップリーグ パナ、開幕5連勝

【パナソニック-東芝】後半、ディフェンスをかわしてトライを決めるパナソニックの小山=竹内紀臣撮影

 ラグビーのトップリーグ(TL)第5節第1日は15日、埼玉・熊谷ラグビー場などで6試合が行われ、パナソニックが46―27で東芝との全勝対決を制し、開幕からの連勝を5に伸ばした。神戸製鋼もリコーを43―6で退けて開幕5連勝。サントリーは60―14でトヨタ自動車に圧勝した。

 パナソニックが東芝との計11トライの激しい応酬を制した。控え選手の活躍もあり、終盤でのプレーの精度や激しさ、運動量で難敵を上回った。

 5点を追う後半16分、オーストラリア代表のFWポーコックが相手を吹き飛ばしながら前進し、ラックから右へ展開。密集に引き寄せられた相手防御のスペースをSO山沢が突いてトライし、ゴールも決まって逆転に成功。同28分にはSH小山が密集で相手ボールに働きかけてノット・リリース・ザ・ボールの反則を誘い、そこで得たPKからの攻撃をトライまでつなげた。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです