メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫も人も幸せに

居心地の良い住まい=香取章子

リノベーションした部屋にわが家の猫たちも大満足

 ひと昔前は猫が家を出入りする「放し飼い」が多かったが、今は決して外に出さない「完全室内飼育」が基本。環境省が管轄する動物愛護管理法に基づき定められている「猫の飼養及び保管に関する基準」でも、室内飼育に努めることが明記されている。外は、車にひかれる▽感染症がうつる▽迷子になって家に帰れなくなる――など危険がいっぱいだ。

 家庭動物の住環境を研究する1級建築士の金巻とも子さんによれば「家に閉じ込めるのは可哀そうと思う人もいるかもしれませんが、猫は縄張り意識が強い動物。家の中だけをテリトリーとして暮らせば、外に出るのをむしろ嫌がります」。ストレスや運動不足の心配がないよう猫の生理、習性、行動を踏まえて室内の空間を工夫することが肝心という。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです