メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネコザメ赤ちゃん「ツインズ」売り出し中 鳥取・岩美

大きな背びれや胸びれが特徴のネコザメの赤ちゃん。奥の黒いネジ状のものが卵の殻=岩美町牧谷の山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館で2020年2月15日、小坂春乃撮影

 鳥取県岩美町牧谷の「山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館」で卵からふ化したばかりのネコザメのオスの赤ちゃん2匹が展示されている。成魚は体長1メートルほどになるが、現在約18センチ。全国的にも幼魚の展示は珍しいという。

 同町浦富沖の定置網に2019年5月にかかった「お母さん」が産んだ卵から、20年1月…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  2. 「はやぶさ2」とカプセルの撮影に成功 京大・岡山天文台と鳥取市の施設

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  5. コロナ重症病床、7都府県で使用率20%以上に 医療崩壊に現実味

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです