メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 国交相「公共交通機関にもマスク供給」 関係3省、仕組み作り協議

タクシーの車内を消毒する様子を視察する赤羽国交相(右端)=東京都足立区で2020年2月16日午後2時59分、松本惇撮影

 タクシー運転手の新型コロナウイルスへの感染が相次いでいることを受け、赤羽一嘉国土交通相は16日、「医療機関のみならず、公共交通機関にもしっかりとマスクが供給できる仕組みをつくる」と述べ、国交、経済産業、厚生労働の3省の担当部局が14日から会議を始めたことを明らかにした。

 この日、赤羽氏は東京都足立区の日本交通…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです