メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目

新型コロナ 「国内発生の早期段階」 専門家会議初会合 政府、患者増加想定し対策

新型コロナウイルス感染症対策の専門家会議。右端は座長を務める国立感染症研究所の脇田隆字所長=首相官邸で2020年2月16日午後5時1分、北山夏帆撮影

 国内各地で新型コロナウイルスの感染確認が相次いでいることを受け、政府は16日、首相官邸で感染症対策の専門家会議(座長=脇田隆字(たかじ)・国立感染症研究所所長)の初会合を開いた。同会議は国内の現状について「発生早期」と評価した上で「感染経路を特定できない可能性のある症例が複数認められる」との見解を表明。重症者の治療体制の確保に重点を置く姿勢を示し、発熱などがある人の相談や受診の具体的な目安も公表することを決めた。

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです