メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型ウイルス 都内で新たに5人感染 屋形船新年会の参加者ら

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 東京都は16日、60代の男性医師ら5人が新たに感染していたと発表した。男性医師は、15日に感染が判明していた同じ病院の女性看護師らと私的に食事をしていた。都は院内感染ではないとみているものの、2人の勤務先が大田区の「牧田総合病院」と明らかにした。医師は「蒲田分院」に勤めているという。看護師は、感染が広がっている個人タクシー組合支部の屋形船での新年会に家族として参加していた。2人に症状はなく、都は勤務状況を確認している。

 また、新たに感染が分かった他の4人のうち2人は屋形船の新年会参加者で、組合所属のタクシー運転手の60代男性と、別の運転手の家族で30代男性だった。屋形船に乗っていて検査対象になった87人のうち11人の感染が確認された。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです