メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 屋形船新年会で感染急拡大 関係者以外も確認 都「市中感染前提で対策」

1月18日に新年会があった屋形船と感染者の状況※実際の席順は未確認

 東京都内の新型コロナウイルスの感染は、個人タクシーの運転手らが新年会を開いた屋形船から一気に広がった。運転手らが所属する組合に勤務する女性ら新年会に参加しなかった人からも感染が確認された。一方、屋形船のグループとは別に、会社員やハイヤー運転手らの感染も分かっており、都は、市中感染が始まっている可能性があるとみて、対策を呼びかけている。

 「屋形船は、閉鎖空間だった」。都は16日も記者会見を開き、屋形船から感染者が続出した経緯を説明した。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです