メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

町で院内感染、風評に恐々 宿泊も納税返礼品も「キャンセルしたい」 新型コロナ

しょうゆの醸造蔵など風情のある町並みが残る和歌山県湯浅町の中心部=2020年2月16日午後3時37分、後藤奈緒撮影

 医師や患者ら5人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された「済生会有田病院」のある和歌山県湯浅町で、風評被害を懸念する声が高まっている。観光客の宿泊キャンセルに加え、町の「ふるさと納税」の返礼品の受け取りを拒否する動きもあるといい、16日に記者会見した仁坂吉伸知事は「ナンセンス。怒りを感じる」と述べた。

 熊野古道の宿場町として栄えた湯浅町は国内の「しょうゆ発祥の地」としてPRしている。100年以上前に建てられたしょうゆの醸造蔵や家屋などが軒を連ねる町中心部は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」となっており、年間約50万人の観光客が訪れる。特に中国人に人気が高く、町によると2019年1~2月に町に宿泊した外国人旅行客1532人のうち、1494人が中国からの客だった。

 ところが今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、中国人団体客が減少。さらに2月になって有田病院の医師や患者らの感染が確認された。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです