メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競歩日本選手権 V6狙った高橋に警告掲示ミス 「精神的に難しく」3位に

歩型違反の状況を選手に伝える掲示板。「1」が高橋英輝の警告数で、写真は実際に3回目の警告が出されたもの=神戸市内で2020年2月16日午前10時2分、小林悠太撮影

 16日に神戸市で行われた東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権男女20キロ競歩日本選手権で、男子で6連覇を目指した高橋英輝(富士通)に対し、歩型違反数を誤って多く掲示する運営ミスが起きた。高橋は約8キロにわたり、本来受ける必要のない罰則の重圧下で歩き3位だった。審判員の藤崎明主任は「心理的に負担になってしまった。申し訳なかった」と謝罪した。

 審判から歩型違反の警告3回で「ペナルティーゾーン」に2分間待機する罰則を受け、4回で失格となる。選手にはコース脇の掲示板に貼り出して違反状況が伝えられた。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです