メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界王者が貫禄 男子競歩の山西 「必勝パターン」確立

男子20キロ競歩、コースを周回する山西利和=神戸・六甲アイランド甲南大西側コースで2020年2月16日、久保玲撮影

[PR]

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権男女20キロ競歩が16日、神戸市の六甲アイランド甲南大西側コースで行われ、男子は山西利和(愛知製鋼)が1時間17分36秒で初優勝。山西は昨年の世界選手権を制して東京五輪代表に決まっており、今大会で新たな男子の代表は決まらなかった。2位は池田向希(東洋大)。高橋英輝(富士通)は3位で6連覇を逃した。

 世界王者が貫禄を見せた。山西は2位の池田に1分半超差をつける完勝。雨の悪条件の中、世界歴代4位の自己ベストから21秒遅れにとどめて「このタイムで勝ち切れたのは自信になった」と納得顔だった。

 常に主導権を握った。池田、高橋と先頭集団を形成していた11キロ過ぎ。一気にペースアップし、まず2019年世界選手権6位の池田をふるい落とした。「池田がしんどそうだったので」。さらに、高橋も終盤にじわりと突き放す。残り2キロ付近で、高橋は歩型違反の警告3回で「ペナルティーゾーン」に2分間待機する罰則を受けて万事休す。高橋の警告回数も頭に入れていた山西は「(ラスト勝負になっても)チャレンジする余裕はあった」と余力を強調した。

男子20キロ競歩、コースを周回する(右から)山西利和、高橋英輝、池田向希=神戸・六甲アイランド甲南大西側コースで2020年2月16日、久保玲撮影

 万全の調子ではなかった。それでも勝てたのは「地力がついてきているから」。世界記録保持者で「世界一の美しい歩型」と評される鈴木雄介(富士通)とともに練習して歩型を固め、金メダルを獲得した19年世界選手権と同様に中盤で仕掛けてライバルをふるい落とす「必勝パターン」も確立。池田を「思った以上に(ペースが)上がってついていけなかった」と嘆かせた。

 初の日本一に「十分、力はついている」と手応えをにじませた山西。京大出身の世界ランキング1位は、東京五輪の頂点へ突き進む。【新井隆一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです