メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「遅いですが、これが現状」 萩野2位、大学生・宮本に競り負け 競泳コナミオープン

男子200メートル個人メドレー決勝、2位に終わった萩野公介の自由形=東京辰巳国際水泳場で2020年2月16日、梅村直承撮影

 競泳のコナミオープン最終日は16日、東京辰巳国際水泳場で行われた。男子200メートル個人メドレーは2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの萩野公介(ブリヂストン)が1分59秒23で2位、優勝は宮本一平(スウィン大宮)で1分59秒11だった。

 4月の東京五輪代表選考会に向けた最後の実戦。大学2年の宮本に競り合いで敗れた萩野は「少し泳ぎがガチャガチャしてしまった…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです