連載

美とあそぶ

美の世界に打ち込む著名人にその魅力、とりこになった経緯などを自らの作品とともに紹介します。

連載一覧

美とあそぶ

平野ノラさん/2 絵が誰かの役に立つなら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トレモロ55(2006年)
トレモロ55(2006年)

 高校卒業後、最初はミュージカルの道に進もうと考えて、その方面の学校に通いました。ところが、自分より若い子がタップを踊り、上手に歌っている。私は小学校から高校までバレーボール漬けだったので、「この年から始めても遅いのかな」と思い知らされた。真剣に演技をしても笑いにしかならず、それならコメディアン、と方向転換したものの、なかなか芽が出ませんでしたね。

 さらに、当時付き合っていた男性がバンドでメジャーデビューを飾り、輝いている彼の存在からも目を背けたくなった。家にこもって絵を描くようになったのは、そんなこともあったからです。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文478文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集