メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

ジリ貧の大学院生=永山悦子

現役大学院生が境遇改善を目指して開いたシンポジウム。発起人の山岸鞠香さん(左)は「大学院生は労働者」と訴えた=東京都中央区で2019年1月26日、永山悦子撮影

 前にも取り上げた政府肝いりの新たな研究プロジェクト「ムーンショット型研究開発制度」について、具体的な目標が発表された。ムーンショットとは、米国が人を初めて月へ送ったアポロ計画のようにインパクトのある課題のこと。内閣府によると、2050年までにAI(人工知能)ロボットとの共生や持続可能な資源循環、量子コンピューターの実現などにつながる研究を進める。5年間で1000億円以上が投入される。

 どれも実現すれば役立つだろう。しかし、今、やらなければならないのはこれなのか。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです