メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に

国設芦別スキー場 今季限りで休業 来月15日閉鎖へ 民間引受先探す 芦別市 /北海道

スキー授業で初滑りを楽しむ小学生ら=北海道芦別市の「国設芦別スキー場」で

老朽化、利用客も減少

 ファミリー向けのスキー場として親しまれてきた「国設芦別スキー場」が、今季限りで休業する。リフトなど施設が老朽化し、更新や維持に多額の費用がかかることから、運営する芦別市が継続は困難と判断した。閉鎖は3月15日を予定しており、同市は現在、民間の引受先を探している。

 スキー場は中心市街地の国有地で1965年にオープン。ナイターもあった85年には…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです