メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「炭火焼肉 伊勢十」オープン 松阪牛やジビエ、県内食材を提供 地元の常連客を増やしたい おはらい町 /三重

 松阪牛や松阪ホルモンに、イノシシやシカといったジビエ食材など県内の産地直送食材ばかりを使ったメニューを地元価格で提供する「松阪牛炭火焼肉 伊勢十」が伊勢神宮内宮の門前町、おはらい町で本格オープンした。【尾崎稔裕】

 同店は2019年12月に年末年始の参拝者向けにプレオープン。初詣ラッシュが一段落し、2月から地元向けに営業を開始した。

 店舗の企画と経営は、県アンテナショップ「三重テラス」を東京都内で運営する総合サービス業、アクアプランネット(本社・松阪市)。県内外で飲食店などを展開する同社だが、今回は、観光客向けではなく地元の常連客を増やすことがコンセプト。このため、提供料理の原価率は通常より高めの設定という。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです