メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支援の課題など共有 四日市で若年性認知症フォーラム /三重

 65歳未満に発症する若年性認知症への理解を広げようと、全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会と県が主催する「全国若年認知症フォーラム」が16日、四日市市安島2の市文化会館で開かれた。患者本人や家族、医療・介護関係者ら約500人が参加し、本人の思いや支援の課題などを共有した。

 関係者によるリレートークでは、患者本人や支える家族、医師、支援コーディネーターらが次々と話した。このうち、患者で元教諭の60代男性は「大事な書類を忘れたり、同僚の名前が出てこなかったりして記憶が剥がれていく感覚だった…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです