メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

寝屋川地下河川 治水の現場、アートで彩る /大阪

「讃良立坑」の壁を使って行われたプロジェクションマッピング=大阪府寝屋川市で、幾島健太郎撮影

 台風や豪雨の際、河川からあふれた水を地下に取り込む「地下河川」の整備が府内で進められている。貯留施設として使われている巨大なトンネルなど寝屋川流域の治水について知ってもらおうと、「寝屋川北部地下河川讃良(さんら)立坑」(寝屋川市)で1月に見学会が行われた。大阪芸術大の学生らによるプロジェクションマッピングも披露され、参加者たちは普段入ることのできない地下空間の見学を楽しんだ。

 地下河川につながる讃良立坑は直径35メートル、深さ40メートル。13階建てのビルに相当する高さで、約220段の階段を下りると直径5・4メートルのトンネルが延びていた。現在もトンネルの工事は進められており、将来は寝屋川市と大阪市都島区をつなぎ、大阪市内の大川などであふれた水を流す計画となっている。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです