特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

頂点へ

2020センバツ明石商 アンケが語る選手の「素顔」/中 粘り強さに自信あり /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋の近畿大会準々決勝で大阪桐蔭打線を相手に力投する中森俊介投手。この試合で敗れたエースは「対戦したい相手」に大阪桐蔭の名を挙げた=佐藤薬品スタジアムで、平川義之撮影 拡大
秋の近畿大会準々決勝で大阪桐蔭打線を相手に力投する中森俊介投手。この試合で敗れたエースは「対戦したい相手」に大阪桐蔭の名を挙げた=佐藤薬品スタジアムで、平川義之撮影

 3月19日開幕のセンバツに臨む明石商野球部員たちの「素顔」を明らかにしようと、毎日新聞は全員アンケートを実施した。集計結果を紹介する連載の2回目は、身体能力に関するデータや、センバツで対戦したいチーム、警戒するチームなどをまとめた。

 ■身体能力

 50メートル走の平均タイムは6・6秒。学年別では2年が1年より0・2秒速かった。6秒3以内の俊足自慢は8人(2年6人、1年2人)おり、最速は来田涼斗主将(2年)の5・9秒だった。

 遠投の平均は79・9メートル。学年別では2年が1年を7・7メートル上回って貫禄を示した。100メートルを超えたのは来田主将ら7人(2年6人、1年1人)。トップは西田陸人捕手(1年)の110メートルだった。

 2年の平均と前年チーム1年の平均を比較すると、2年が50メートル走で0・1秒、遠投で1・9メートル上回った。遠投では13人が10メートル以上も記録を伸ばしており、1年間で全体の基礎能力が大きく底上げされたことが分かる。

 ■左右の別

 右投げ右打ちが47人と全体の67%を占め、右投げ左打ちが19人(27%)、左投げ左打ちが4人(6%)だった。左打者の割合を学年別に見ると、2年の44%に対し、1年は19%と低かった。

 ■対戦希望

 センバツで戦いたい相手を聞いたところ、大阪桐蔭が33人と最多だった。2019年秋の近畿大会準々決勝で3―4で惜敗したことから、中森俊介投手(2年)らほとんどの選手が「秋の雪辱」を理由に挙げた。148キロ右腕の高橋宏斗投手(2年)を擁する中京大中京(愛知)や、甲子園の夏春連覇を狙う履正社(大阪)も人気だった。

 最も警戒するチームでは、中京大中京が51人で圧倒的だった。来田主将は履正社を挙げた。

 ■明石商の特徴

 選手自身から見た今年の「セールスポイント」を挙げてもらったところ、40人が「粘り強さ」と回答。厳しい状況でも最後まで諦めない精神力の強さには、絶対の自信を持っていることが分かる。


 ◆50メートル走と遠投の平均◆

     50メートル(秒) 遠投(メートル)

全体   6.6    79.9

2年生  6.5    83.2

1年生  6.7    75.5

 <参考・前年チーム>

全体   6.6    85.7

2年生  6.6    89.6

1年生  6.6    81.3

 ◆打ち方・投げ方◆

・右投げ右打ち 47人

・左投げ左打ち  4人

・右投げ左打ち 19人

 <うち2年生>

・右投げ右打ち 22人

・左投げ左打ち  2人

・右投げ左打ち 15人

 <うち1年生>

・右投げ右打ち 25人

・左投げ左打ち  2人

・右投げ左打ち  4人

 ◆対戦希望ベスト5◆

(1)大阪桐蔭  33人

(2)中京大中京  9人

(3)履正社    7人

(4)智弁和歌山  5人

(4)東海大相模  5人


 ◆警戒相手ベスト5◆

(1)中京大中京 51人

(2)大阪桐蔭   7人

(3)履正社    5人

(4)東海大相模  2人

(4)天理     2人

 ◆「明石商のセールスポイント」ベスト5◆

(1)粘り強さ 40人

(2)強力打線 12人

(3)団結力   5人

(4)泥臭さ   3人

(4)守備力   3人

〔神戸版〕

あわせて読みたい