メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼたん鍋など堪能 大分駅前でジビエPRday /大分

ぼたん鍋を楽しむ子どもたち

 県内の野生鳥獣で捕獲量の多いシカやイノシシなどの「ジビエ」肉を使った料理を集めた「大分ジビエPRday」が16日、大分市のJR大分駅前であった。猟友会やジビエ処理加工施設関係者でつくる「大分ジビエ振興協議会」が主催した。

 県内のイノシシやシカなど野生動物の捕獲量は、全国トップレベル。だが、その認知度は低く、一般の消費量も「捕獲量の1割にも満たない」(同協議会)ため、ジビエの消費拡…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです