メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

新型肺炎 東京の医師感染 愛知含め新たに6人

 東京都は16日、60代の男性医師ら5人が新たに感染していたと発表した。男性医師は、15日に感染が判明していた同じ病院の女性看護師らと私的に食事をしていた。都は院内感染ではないとみているものの、2人の勤務先が大田区の「牧田総合病院」と明らかにした。医師は「蒲田分院」に勤めているという。看護師は、感染が広がっている個人タクシー組合支部の屋形船での新年会に家族として参加していた。

 また、他の4人のうち2人は屋形船の新年会参加者で、組合所属のタクシー運転手の60代男性と、別の運転手の家族で30代男性だった。屋形船に乗っていて検査対象になった87人のうち11人の感染が確認された。残る2人は屋形船のグループとは別で、埼玉県在住のハイヤー運転手の60代男性と、会社員の30代男性。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです