メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

「馬三家」劇場版、公開へ=山田孝男

絵・五十嵐晃

 昨年12月23日、北京の人民大会堂で行われた日中首脳会談の逸話――。

 安倍晋三首相は、200万人以上の拘束、拷問が疑われる――と報じられた新疆ウイグル自治区の人権問題を先に取り上げ、「国際社会に対し透明性のある説明を」と訴えた。

 習近平国家主席は「香港ならまだしも、ウイグルとは!」と反発、「テロリストには学習が必要だ。かれらに良い生活を送らせるため、研修させなければならない」と答えた。

 一方、同じ日の中韓首脳会談で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は「香港、ウイグルは中国の内政だ」と発言。人権をめぐる日韓のアプローチの違いが、香港メディアなどで話題になった。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです