メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

JOCDN 鈴木幸一会長

インタビューに答えるインターネットイニシアティブの鈴木幸一会長=東京都千代田区で2020年1月27日、内藤絵美撮影

 アマゾン・コムやネットフリックスなど、米大手IT企業が有料動画配信サービスでテレビの視聴者を奪っている。超高精細映像の4K・8K放送や次世代通信規格5Gの実用化も競争に拍車をかけそうだ。インターネット動画配信会社JOCDNは何を目指すのか、鈴木幸一会長に聞いた。【聞き手・加藤明子、写真・内藤絵美】

 --事業内容を教えてください。

 ◆インターネットイニシアティブ(IIJ)の技術と、テレビ局のノウハウを組み合わせて、テレビ局の映像コンテンツをインターネットで配信しています。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです