特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

はたらくα

企業の悪知恵 すり替え年休

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
年次有給休暇の「すり替え取得」に注意を呼びかける佐々木亮弁護士=東京都千代田区で
年次有給休暇の「すり替え取得」に注意を呼びかける佐々木亮弁護士=東京都千代田区で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 働き方改革の一環で、働く人に最低でも年5日の年次有給休暇(年休)を取得させることが、昨年4月から企業に義務づけられた。ただ、これまで休日や休暇だった日を年休にされてしまう「すり替え」には要注意のようだ。

年5日の義務化

 「ゴールデンウイークと夏休みは公休(会社が労働を免除した休日)だったのに、今年度から年休を充てることになった」「祝日は全て休みだったのに、8日間を出勤日にされた。夏季休暇も1日減らされた」。労働組合の中央組織である連合には、年休の取得義務化に伴う相談が相次いで寄せられている。2018年度までは年800件程度だったのが、19年は1100件以上あった。

 年休は、同じ会社で6カ月間働き、そのうち8割以上出勤した人に10日間与えられる労働基準法上の権利だ。勤続年数が延びるのに伴い、付与される日数が増える。パート勤務など労働日数が週4日以下でも、6カ月間働き続けると1~7日が付与される。

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2309文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集