メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 屋形船から急拡大 雨で窓開けず

 東京都内の新型コロナウイルスの感染は、個人タクシーの運転手らが新年会を開いた屋形船から一気に広がった。運転手らが所属する組合に勤務する女性ら新年会に参加しなかった人からも感染が確認された。一方、屋形船のグループとは別に、会社員やハイヤー運転手らの感染も分かっており、都は、市中感染が始まっている可能性があるとみて、対策を呼びかけている。

 「屋形船は、閉鎖空間だった」。都は16日も記者会見を開き、屋形船から感染者が続出した経緯を説明した。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです