メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

2020年度の入学生から授業料の値上げを決めた一橋大=東京都国立市で2019年11月、成田有佳撮影

 国立大で授業料値上げの動きが出ている。2004年度に法人化されて以降、大学院大学4校を除く82校の学部生の授業料はいずれも「標準額」(年53万5800円)以下に据え置かれてきたが、19年春以降、5校が値上げに踏み切った。国立大の財政を支える運営費交付金のカットが続く一方、グローバル化の推進など競争にさらされている厳しい事情があるためとみられるが、「説明不足だ」として所属大学を超えて連携して反対する学生もいる。【成田有佳】

 国立大の授業料は法人化以前は国が物価の上昇や私立大との均衡などを考慮して一律に定め、改定してきた。法人化後は省令で標準額(04年度は52万800円、05年度以降は53万5800円)が定められ、現在は2割増までは各大学で設定できるが、足並みをそろえるように標準額以下を維持してきた。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1615文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです