メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競歩 日本選手権 岡田V6 五輪切符

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権男女20キロ競歩が16日、神戸市の六甲アイランド甲南大西側コースで行われ、女子は岡田久美子(ビックカメラ)が1時間29分56秒で6年連続6回目の優勝を果たし、東京五輪代表に決定した。既に日本陸上競技連盟が定めた派遣設定記録(1時間30分0秒)をクリアしており、優勝が代表決定の条件だったが、改めて設定記録も突破した。

 男子は山西利和(愛知製鋼)が1時間17分36秒で初優勝。山西は昨年の世界選手権を制して東京五輪代表に決まっており、今大会で新たな男子の代表は決まらなかった。2位は池田向希(東洋大)。高橋英輝(富士通)は3位で6連覇を逃した。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです