メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 「しょうゆの町」風評に困惑 「返礼品」拒否も 和歌山・湯浅町

しょうゆの醸造蔵など風情のある町並みが残る和歌山県湯浅町の中心部=2020年2月16日、後藤奈緒撮影

 医師や患者ら5人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された「済生会有田病院」のある和歌山県湯浅町で、風評被害を懸念する声が高まっている。観光客の宿泊キャンセルに加え、町の「ふるさと納税」の返礼品の受け取りを拒否する動きもあるといい、16日に記者会見した仁坂吉伸知事は「ナンセンス。怒りを感じる」と述べた。

 熊野古道の宿場町として栄えた湯浅町は国内の「しょうゆ発祥の地」としてPRしている。100年以上前に建てられたしょうゆの醸造蔵や家屋などが軒を連ねる町中心部は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」となっており、年間約50万人の観光客が訪れる。特に中国人に人気が高く、町によると2019年1~2月に町に宿泊した外国人旅行客1532人のうち、1494人が中国からの客だった。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです