メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎、働き方改革で自衛 企業にテレワーク在宅勤務 時差出勤導入の動き

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業の間では社員の感染予防のため時差出勤や「テレワーク(リモートワーク)」による在宅勤務を導入する動きが広がっている。

 NTTグループは17日から、国内で勤務する従業員約20万人を対象に時差出勤やテレワークを推奨している。大人数が集まる会議をテレビ会議に切り替えたり、混雑時の電車を避けて通勤したりすることが柱。在宅勤務などの対象者は、NTTドコモが約2・6万人、NTT東日本が約4万人。傘下のNTTデータでは、協力会社の男性社員の感染が確認されてい…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです