メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎、働き方改革で自衛 企業にテレワーク在宅勤務 時差出勤導入の動き

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業の間では社員の感染予防のため時差出勤や「テレワーク(リモートワーク)」による在宅勤務を導入する動きが広がっている。

 NTTグループは17日から、国内で勤務する従業員約20万人を対象に時差出勤やテレワークを推奨している。大人数が集まる会議をテレビ会議に切り替えたり、混雑時の電車を避けて通勤したりすることが柱。在宅勤務などの対象者は、NTTドコモが約2・6万人、NTT東日本が約4万人。傘下のNTTデータでは、協力会社の男性社員の感染が確認されてい…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです